貧困を生み出す雇用形態の変化

日本国内においては、貧困が大きな社会問題として取り上げられるようになっている。

特にここ数年の間では、社会構造の大きな変化によって、高所得者と低所得者の二極化と呼ばれる現象がみられている。

テレビのニュースなどでは、ワーキングプアなどの特集が組まれることが増えてきており、社会的な支援体制の強化が国民全体から求められるようになっている。

インターネット上の口コミサイトや掲示板などでは、貧困の問題が大きく取り上げられており、現代人にとっては重要な関心ごとのひとつとなっています。

貧困を生み出す原因としては、日本国内の雇用形態の変化が挙げられている。

2000年代以降では、派遣労働者やフリーターの人数が増加しており、非正規雇用者と呼ばれる現状におかれている若者が目立っている。

非正規雇用者は、昇進や昇格の機会に恵まれないことはもちろん、将来的な雇用の継続についても見通しが立たないことが指摘されている。

非正規雇用者に頼っている業界は日本に数多く存在しているために、国を挙げた法整備などが期待されている。

また、女性の貧困や子どもの貧困などの、新しい社会問題も発生しており、国民の間での認識の高まりがみられるようになっている。