日本が抱えるいくつもの社会問題

以前に比べ、今の日本は多くの社会問題を解決しなければならない国となり、政府も様々な案を提案している現況である。

日本が抱えるいくつもの社会問題

今一番取り沙汰されている社会問題は、東日本大震災の際に起こってしまった原発事故による問題である。未だに事故が起きた福島第一原発の問題が解決されておらず、近隣の住民が立退きを余儀なくされた上に、放射能汚染による野菜や果物、肉、魚などの食物に関して出荷出来ないなどの問題がある。

自然の災害が引き起こした事故とは言え、利便性を求め、原発を作った日本人に課せられた問題は、重大なものである。他にも高齢化、少子化問題も常にニュースなどで取り上げられている問題である。高齢化社会になってしまった上に、年金破綻問題も重なり、格差問題も起こっている状態である。

そして、一度不景気になり、次第に景気が上がってきていると言われてはいるものの、全員がそう感じているわけではなく、格差問題は広がるばかりである。そしてそれに加え、今年度からの増税に対しても、多くの問題が提議されている状態である。

子供に関しても、学校の教育崩壊問題が心配されており、今までになく学校崩壊が起こっているのである。そして一番多くなっているのが、多くの悪質な犯罪で、日本の治安も安全とは言い切れない程になってきているのである。